生理の痛みがふっと消えた

33歳 女性 飲食店勤務 2013年5月1日

 

 

 

 最初、ホメオパシーの説明をしてもらったばかりの時は、『似た症状を起こせるものは似た症状を治すことが出来る』という事や、それを話を聞くだけで、その人に似たレメディを選ぶという事自体が、よく理解することが出来ませんでした。

 


 原因が解決されてなくって、痛みだけを押さえ込むことも、薬剤が体にどんな影響を与えるのも、怖いな~と思いながらも、、、仕事も出来ないような強烈な生理痛が来たら、痛み止めを飲まざる負えませんでした。20代から続いてきた生理痛の苦痛を思えば、そのホメオパシーで緩和されるなら儲けもん!!位の気持ちで受けることにしました。

 

 自分の事を話すのは難しいのかな?と思っていましたが、ホメオパスと話している間に、自分がどんな考え方をしてきたのか復習したような気がします。そして、いよいよホメオパスが選んでくれたレメディが届きました。飲んですぐには何も起こりませんでした。しかし、生理がきたと同時位に、怒りや悲しみの感情が溢れて止まりませんでした。すぐにホメオパスに電話をして、とにかく自分の感情をあるがままに出し尽くしました。すると、普段は1日~2日は寝込んでしまう生理痛がふっと消えてしまったかのように、来なかったのです。それから毎月、痛みが来たらホメオパスに連絡を入れて、話をして処方してもらうのを何度か繰り返して、段々と寝込まずに済むようになり、普段通り仕事をする事が出来るようになってきました。

 

 
 何より、自分の症状や精神状況などの全容を掴んでくださっているホメオパスがいる!!という事が、どれほど心の支えになっているかわかりません。

 

 

(文:本人)

 

無料カウンター