私は、みんなである

2015.1.15

 


フランスで、週刊紙シャルリー・エブドが襲われ、

職員ら12人が命を落とすという、いたましいテロ事件が起きた。

フランスのみなさんが「Je suis Charlie」(私はシャルリー)

というプラカードを持って、言論に対するテロ行為を非難している。

雑誌の最新号では、ムハンマドが「Je suis Charlie」

を掲げて泣いていた。



でも、なんだか腑に落ちなかった。

ムハンマドがいたら。

ほんとうにムハンマドがいたならば。

「Je suis Charlie」のプラカードだけを持っていたんだろうか。

「Je suis Al-Qaeda」(私はアルカーイダ)。

アルカーイダのプラカードも、

同時に持っていたのではないんだろうか。



フランス生まれのフランス人のムスリムの若者たちが、

どんな思いをして、テロ行為に至ったのか。

外国人としてヨーロッパに住むことのつらさを、

多少なりとも知る人間としては、

移民の子どもたちが、それまでなめてきた辛酸を思うと。

テロを起こして亡くなった若者たちのことを思うと、

なんだか泣けてくるのである。



ヨーロッパでもフランスは特に学歴社会で、

グランゼコールというエリート校を出た人たちが、

政治、経済の世界の中心を占めているのだそうだ。

親がフランス語もろくに話せないような、

移民家庭に育った子どもたちが、

そうしたエリート校に入ることは極めて稀なことだろう。



どうあがいても、何をしたって、

自分の声は、社会の中枢には届かない。

やりがいのある仕事にもつけない。

白人社会にとけ込むことはできない。

そんな頭打ちな状況に彼らを追いやった、

そのこと自体は、悪いことじゃないんだろうか。



確かに人を殺すことは、悪い。

どう考えたって悪い。

だけど、人を言葉で殺すことは、

ペンでの表現は、

どんなものであっても許されるんだろうか。

実際に殺すことと、

社会的に殺すことと、

どちらがどれだけ悪いことだと、

はっきり言える人はいるんだろうか。



ホメオパシーを続けていると、わかってくることがある。

この世に、本当の意味での悪人はいないんだ、と。

みんなそれぞれに、そうならざるをえなかった事情を抱えて、

精一杯、一生懸命に生きているんだと。

「君の立場なら君が正しい。僕の立場なら僕が正しい」

ボブディランの言う通りなんだと。


 

互いを否定し合うのではなく、

理解し合うことに時間をかけられたら。

私たちの生きる世界はどんなに違ってくるだろうか。

 

 

もしムハンマドがいるならば。

本当にムハンマドがいるのであれば。

「私は、みんなである」と。

そう言って泣いているように、私には思える。



シャローム(平安がありますように)


無料カウンター